蒲田で予防歯科に取り組む歯科・歯医者

〒144-0035東京都大田区南蒲田 2-16-1
テクノポートカマタ センタービル別館2F

診療時間 木/第4
10:00~13:30 △/ ×
15:00~18:30 /■ ×

■:14:30~18:00
△:9:30~13:00/14:00~17:30
※最終予約時間は診療終了の30分前

※第4木曜の矯正治療 16:00~19:30(最終予約19:15)

ご予約・お問合せはこちらまで

03-5703-5582

こんな歯並びは治療が必要

こんな歯並びは治療が必要

反対咬合(こうごう)(受け口)

上下の歯を噛み合せたときに、下の前歯が上の歯よりも前に出ているケースをいいます。いわゆる受け口です。骨格が原因で、このような状態になっているときには、矯正をしても完全に治らないこともあります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ・出っ歯)

噛み合せて鏡を見ると、上の前歯は下の前歯よりもやや外側にあります。ところが、横から見たときに、上の前歯が極端に前に出ているケースを上顎前突といいます。

オープンバイト
(開咬)

その他

噛みあわせが悪いことを不正咬合(こうごう)といいます。たとえば、奥歯を噛み合せても、上下の前歯が噛み合わないのはオープンバイト(開咬)といい、上下の噛みあわせが左右にずれているものをクロスバイト(交叉咬合)といいます。噛み合せが悪いと、歯磨きの磨き残しが出てしまい、虫歯や歯周病になりやすい、唾液の分泌が悪くなり胃腸病の原因になることも。

いずれも歯科医に相談を。

歯列矯正は小さいうちに始めたほうがいいの?

成長の途上にある子どものアゴは,粘土細工のようなもの。早いうちに歯列矯正をスタートすることで、骨格改善ができ、きれいな歯並びになるケースもあります。骨格に原因がある受け口や出っ歯、クロスバイトならば、子ども時代に矯正を開始することをお勧めします。

日本人はアゴのサイズが小さいため、永久歯を何本か抜いて矯正する場合が多いのですが、最近では、抜歯しないことを希望して、低学年から矯正開始する方も増えています。

また、症例によってはアゴの成長を待ってから決めたほうが良い場合、大人になってから始めても効果が変わらないものもあります。年齢、治療にかかる時間やお金もケース・バイ・ケースです。信頼できる歯科医とよく相談して決めましょう。

健診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布などもご予約いただけます。3ヶ月先のご予約もお気軽にどうぞ。

03-5703-5582
03-5703-5582

〒144-0035
東京都大田区南蒲田 2-16-1 テクノポートカマタ センタービル別館2F

京浜急行線「蒲田」駅より徒歩8分
JR「蒲田」駅よりバス15分、徒歩18分、タクシー10分